読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

懲りずにカブ!!

またまたまた、カブの話題ですwwwwww

 

何度もお断りしますが、あくまで個人の意見ですので、なにとぞご理解を・・・・。

 

 

今日は、以前も書いた、中国製新型スーパーカブについてです。

 

以前にも増して、大量の情報引っさげて書いています(笑)

 

ホンダもコストカット以外に、いろいろ考えていたんだなーと思ったことがあったので、書こうと思います。

 

2012年に数十年ぶりのフルモデルチェンジをした、スーパーカブ50ですが、

ホンダもおそらく中国生産にして、耐久性が落ちるのを見越していたんでしょう。

 

フレームを、パイプフレームのバックボーン型に変えています。

カブ50は、カブ110と同じフレームを使用しています。

つまりカブ110と、同じ剛性の高さを持っているのです。

 

これまでのカブなら、日本製とか原付カテゴリー(50~90cc)とか、使用者が繊細な日本人だったので、十分すぎる耐久性だったんでしょう。

 

ところが、東南アジアの地域で、飛ぶようにカブが売れるようになり、戦略として低コストとタフさが、ちょうどいいバランスな新型にしたと見れます。

ベトナムとか、すごい人数でカブに乗ってますからね・・・。

 

つまり新型カブは、ホンダの新興国への戦略車なのです。

国内販売車は、リアの部分がちょこっと、日本向けに改良されています、そのほうが馴染みますしね。

 

なので、おそらく中国の人が組みつけても大丈夫なように、部品の改修が施されていると思います。

部品や組み付けが日本製だったら、多分150ccクラスの耐久性があるんじゃないですかねー、だって骨格を見るとビッグスクーターのフレームなんだもん。

 

 

僕は、世界のホンダが信用&信頼に値すると思います。

なので、新型スーパーカブも、これまでと変わらない最高の車両と納得できました。

 

 

ホンダマンたちの戦略&考えに、ますます驚いたLinercubtecでしたー☆