読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

たった一編成のみ・・・、ローレル賞の証。

今日は、久しぶりに遭遇した特別なE233系について書きます。

 

E233系は、最初に量産された車両(だったかな?)のT1編成のみ、ローレル賞という鉄道友の会が認定した証明書が掲示されています。

 

今日、学校帰りにT1編成に乗ったとき、確認してきました。

 

f:id:linercubtec:20140709232017j:plain

f:id:linercubtec:20140709232018j:plain

f:id:linercubtec:20140709232019j:plain

JR東日本 E233系0番台 (T1編成) 青梅線内にて

 

ここで、中央線、青梅線五日市線(一部、八高線)で使用されている、E233系0番台について説明します。

 

T編成とH編成の違い、これは10両直結か、6+4両分結かの違いです。

T編成が10両直結、H編成が6+4両分結です。

 

青梅・五日市線専用の「青編成」については、H編成とまったく変わりません。

普段は6両や、4両での運転をしているってだけの、特別車でも何でもありません。

 

青梅線五日市線にもH編成とか、T編成が入ってきますしね(笑)

 

 

でも今日は、なかなか青梅線では会えないT1編成に乗れたので、なんか不思議な感じですwwww

 

たった一つしかない列車に乗れて、ちょっとラッキー気分のLinercubtecでしたー。

 

あ、ちなみにローレル賞より、ブルーリボン賞のほうが希少価値が高いと思います。

大抵、その車両の量産1編成目に掲示されています。

お暇のある方は、探してみては??