やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

パーツの共通化。

いよぉーし、今日もカブだぁー。

 

てことで、今日もカブです(笑)←訳分からんわ!!!!

 

今日は、パーツの共通化について書こうと思います。

 

前回書いたとおり、50は110とほぼ同じパーツを使っています。

まあこれが、いい点になったり悪い点にもなるのですよ・・・。

 

これについては、前回の「スーパーカブ(AA04)の実用性について・・・。」をご参照ください。

 

また、50,110の関係だけじゃなく、ベトナムカブ(スーパードリーム)なども、同じパーツを使っています。

 

リアのフェンダーや、外装など見た目はほとんど変わりません。

キャリアがなく、タンデムシートなので、本当にスクーターチックですが・・・。

 

違う所と言えば、エンジンがインジェクションか、キャブレターかの違いです。

 

 

でも、耐久性とかで言うと、ベトナム製ですからそれなりに高いようです。

アセアン諸国圏では、自国生産が一番安くなりますからね、おそらくそれが狙いだと思います。

 

 

パーツの共通化で、開発費用などを抑えているのかな??

またまた、新発見しちゃいましたよ(笑)

 

 

まあ、今日はこんな感じかなwww

 

毎度、同じ話題で申し訳ないです・・・・。

僕の得意分野だけなのでね、このブログは。

 

そんなところで世界のホンダの今が、見えた気がしました。