読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

ス・・・・・、スゲェ!!!!!

今日は、昨日に引き続き、えらくスゴイもんを見ましたよ。

 

朝、父と朝食を買いに、パン屋に行った帰り、ちょっと裏道に行ってみるかと、ホンダのバイク屋の前で郵政バーディーを見て、裏道に入って行ったところ・・・・・。

 

途中で、すごいものが目に飛び込んできました。

 

ヤマハ「DT-1」です!!!

46年前に発売された、空冷2st250cc単気筒オフロードの超懐かしいバイクです。

 

オーナーさんは「モンキー」の整備中で、そのモンキーも完璧にまとまった改造が施されていました。

 

「DT-1」は、元は錆びだらけの所を確保してきて、コツコツと直してきたそうです。

メッキ、車体、エンジン、メーター全てがピカピカで、40年も前のバイクには到底見えませんでした。

 

 

「外側は見て直したけど、中の心臓部は見れていないよ。」と話していました。

なかなかパーツがそろわず、苦労してきたそうです。

 

エンジンは好調に動くようになったらしく、朝イチで奥多摩までツーリングしてきたそうです。

 

エンジンもかけていただきましたよ!!

しばらく、軽くクランキングして、上死点から一気にキックペダルを踏み込みます!!!

 

「ガシュッ、ガシュッ」とエンジンが掛かりそうな音がしても、なかなか掛かりませんね~(汗)

 

 

すると・・・、「ガシュ!!ビビビーーーン!!!!!」と2stのオイルの匂いと共に、エンジンが掛かりました!!!

 

初めて聞く、生の2ストローク250ccのエンジンは、迫力満点!!!

すごかった!!250と比べたら、原付なんて蚊みたいなもんですわwwww

 

チョークを引かなかったので、すぐエンジンは止まってしまいましたが、とても貴重なエンジンです!!!

 

これまで何人も、売って欲しいと来たらしいですが、全て断ったそうです。

「これは、これしかないから。おそらく二度と手に入らないから。」と言っていました。

 

オーナーさんの強いこだわりを感じました。

 

 

その後気になったのが、奥に止まっている「トヨタ スプリンタートレノ」。

世に言う「ハチロク」ですね!!

 

オーナーさんは、27トレノが欲しかったそうなのですが、べらぼうに高かったらしく、あきらめて安い「AE86」にしたそうです。

 

でも、こだわりがすばらしく、「車検に通すためにノーマルに戻したんだけど。」とは言っていましたが、RSワタナベのホイールが出てきたときに、こだわりを感じましたよ(笑)

 

ボンネットはカーボンだし、レカロのバケット付いてるし、ロールバー組んであるし、エンジンルームにはタワーバーが付いていましたし・・・・。

 

パワーは、最大180ps出るそうです。←現行FT86のノーマルよりパワーがあります。

 

 

 

いやー、今日はすごいもの見れたなぁと、父も感心していましたよwwww

 

父はTS90に乗っていましたから、2stには思い入れがあるのでしょう。

当時はDT-1のほかに、TS250、エルシノア250などの2stオフロードが主流の年代ですからね。

 

「来たかったら、いつでも来てくださいね。」とオーナーさん、とても親切にしてくださいました!!

 

 

DIYやレースなど、自分で整備するということは、こういうことなんだなと肌で感じた一日でした!!!