読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

やってしまいましたw(17歳の手術体験記)

ここのところ更新が滞ってしまい申し訳ありません、ちょっとしたトラブルがございまして.....

 

先々週、友人とバスケをしていたところ右足の甲を大きく捻ってしまいました。。

直後から激痛が襲ってきて動けなくなっちゃったんですよ

 

帰ってきて足を見たらまあこれがエグいくらい腫れちゃいまして.....

んで、次の日に以前からお世話になっていた昭島市にある「東京西徳洲会病院」に行きました。

その日はちょうど外科医の先生しかおらず、とりあえずレントゲンを撮るとのことで

放射線照射撮影をしてきました。

 

レントゲン写真を見たところ、右足の端の骨に二、三本ヒビが!!

結局のところ「骨折」でした。

とりあえず外傷整形外科の先生に診てもらうまでのつなぎとしてシーネ固定をしていました。

 

 

その次の週の火曜日、外傷整形外科の先生に改めて診てもらったところ

CT撮影(骨を立体的に見る写真)が必要とのことで撮ってもらいました。

 

その写真によると患部の骨は捻った際に繋がっている腱が引っ張ってしまい、折れてズレてしまっているとのことでした。。

これを治すためには日帰り手術.....

 

まあ今後のことを考えて手術を選択しました。

施術日はその明後日、木曜日に決まりました。

 

 

木曜日、久々の手術なので結構ビビってましたw

日帰り手術センターで手術着に着替え、点滴の針を打ちました。

点滴って針太いから嫌いなんですよね.....

 

一時間半後、いよいよお呼びがかかり

いよいよ手術室へ。

またもあの銀色の重い扉の向こう側へ進むことになってしまったのです。。

 

前回よりも恐怖はなく、案外気楽に進むことが出来ました

(ちなみに前々回は自分で入るのを恐れすぎて手術室の前で泣きましたw

あの頃は9歳でしたからね。まあ自分でも仕方がなかったんだろうと思います。)

 

手術台に自分で上がるのはなかなか勇気がいりますよ、乗ってしまったら次に出るのは数時間後なんですから。

さあ施術開始、すべての意識を先生に預けて自分の回復を待ちます。

 

今回は部分麻酔で手術を行いました、足に二本麻酔薬を打ったんですがこれが半端じゃなく痛いんですよ.....

15分後、足の感覚が消えました。

先生が「じゃあ、眠る薬使うからね〜」と睡眠薬を投与しました。

 

二時間後

 

目が覚めました、足の感覚はないですが

先生が「今ちょうど終わったよ〜」と声をかけてくれました。

 

そのまま入院って感じになりましたが案外サクッと終わって一安心しました。

二日間入院後、先週の土曜日に退院して今に至ります。

ちなみに今回の手術内容は、ズレた骨の矯正とボルト固定でした。

 

完治には2ヶ月ほどかかるそうです、あと1ヶ月ほどカブには乗れないものと思われます。

なので今は足の治癒を待ちたいと思います。

 

 

今回の一件に関しては皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしました、

今後は怪我に気をつけて行きたいと思います。