読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまびこの響き

鉄道と自動車とオートバイ(カブ)が大好きな学生の日常をのんびりと書き綴ります。

なんか似ているな・・・・・。

さて、今日も書きますかね。

といっても、話題はバイクしかないんですが(笑)

 

今日はホンダのバイクを見ていて、気づいたことです。

 

なんかグロムとCB250Fって、なんとなく似ているような??

写真↓

f:id:linercubtec:20140731211421j:plain

Honda GROM  (引用:本田技研工業ホームページ)

 

f:id:linercubtec:20140713204034j:plain

Honda CB250F (引用:本田技研工業ホームページ)

 

類似点を書いて行きます。

 

・リアのライトが似ている

プロリンクの一本サス(リアサス)

・メーターがまるっきり同じ

・ヘッドライトが似ている

・ハンドルのスイッチの位置が同じ

・シルエットが似ている

以上

 

次に違う点

 

・マフラーの形状

・タイヤのサイズ

・エンジンの形状(縦型か横型か)

・冷却方式

以上

 

 

まあ、なんとなく似ているので、自分としては「CB125F」と言う風に感じます。

単気筒エンジンで、同じような音がしますしね。

 

両方とも、いかにも最近の外国を、意識したデザインを採用したモデルだと思います。

やはり日本人からしたら、違和感がありますよね。

 

 

これまでの「ホーネット」や「CB400 SuperFour」が、丸型ライトだったからでしょうね。

カウルが付いたモデルなら、角型でも丸型でも似合いますよね。

 

僕は最初、丸型ライト+ビキニカウルに対して若干抵抗があったんですが、今ではなんとなく受け入れています。

そのうち、角型ライトのネイキッドも流行るでしょうね。

 

ホンダは、世界を見たグローバル戦略を展開していますからね、かなりこういうデザインが多くなってくると思います。

 

 

少し面白さを感じたので書きました。

なんとなく、ホンダのこの先が見えた気がしました。

 

今日も第二部あります!!

お楽しみに!!!